大人気!ネット英会話を知るための情報サイト

通わなくてもいい?自宅で学べる英会話スクールが話題!

英会話講師の現状を知ろう

英会話を学びたい方にとってオンラインスクールはいつでも何処でも手軽で安く受講できるのが魅力です。 近年業界のレベルが上がり選択肢が増えたことはユーザーにとって嬉しい限りです。 メリットは大きいですがしっかりとデメリットも把握した上で、そのメリットを最大限に活かせるようにしましょう。

どうやって選ぶ?オンライン英会話スクールは数多くある

英会話スクールを選ぶ際に最も大事になってくるのは、スクールを通して自分自身がどのレベルになりたいかという目標設定です。 オンラインでのスクールが多数存在する中、目的に合致した選択をすることは夢や将来のためにとても重要だと言えます。 そのポイントを分かりやすく解説しますので次に進みましょう。

英会話に苦手意識は必要ない!

日本人は英語を取得するのが苦手だと言われています。 しかし英語は世界で一番多く使われているということは誰もが使いやすい言語のはずです。 苦手意識など持つ必要は全くありませんので自身を持ってチャレンジしてください。 ぜひ英語で世界を広げていきましょう。

オンライン英会話は本当に凄い!

オンラインで英会話を学ぶ際にまず把握しておきたいのはどのような国籍の講師たちが多いかという事です。
日本で現状最も多いのはフィリピン人の講師で、ノンネイティブ、ネイティブ、日本人講師と続きます。

フィリピン人の講師が最も多い理由として、アジアでは英語の公用語化が最も進んでいる国だからです。フィリピンには元々公用語のタガログ語があるのですが、第一次世界大戦・第二次世界大戦のアメリカ統治時代を経ているという地政学的な事情があります。
他国籍の講師と比べて人件費が安く日本との時差も1時間と少ないためリアルタイムのオンラインレッスンにはリーズナブルなのです。国民性として人柄がフレンドリーで日本人生徒との相性はとても良好だと言えます。

ノンネイティブは英語以外の母国語を持ちながらも、外国人との会話では英語を用いる方々です。
英会話初心者であればこのレベルでも全く問題ないかも知れません。

ネイティブはアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドなどです。本当はまだまだありますがこのような国籍の講師が希望の方も多いかも知れません。

バイリンガルの日本人講師であれば初心者にとってはとても安心できます。細かいニュアンスの質問が英語でできない場合などはとても心強いです。反面日本語で逃げられる分、英語を使う努力が外国人講師に比べて減ってしまう側面があります。

以上が日本におけるオンライン英会話講師の大まかな国籍分布になっています。
ここから更に詳しく見ていきたいと思いますので、是非読み進めてください。